*

切符を買えなくても許されるダウンタウンはまちゃん

公開日: : 最終更新日:2013/12/27 仕事, 考え方・生き方

先日のお客さんとの電話での会話です。





◆前提
ホームページでしか紹介していない安いプランで、全員ホームページを見ての問い合わせ
その分1件あたりの利益も少ないので、メールで資料などをお送りする
()内は僕の心の声

現実==========================================================

僕「では、お問い合わせフォームよりお願いします。ご記載頂いたメールアドレスにご返信…」
客「俺パソコンもメールやらないんだわ

(ホームページ見たんじゃないのかよ)

僕「ではFAXでお送りしますが?」
客「FAX今調子悪いんだわ。郵送で送ってくれ。住所は…」
僕「こちらのサービスはそういった事は行なっておりませんので。」

客「なんで?」
僕「こちらはメールでのお問い合わせの方向けの割引ですので」

客「じゃあ、メール出来ない人は出来ないってこと?」
僕「申しわけございませんが…」
客「そんなの不公平じゃねえか(怒)

(もうどうなってもいいや)

僕「ホームページを見てのお問い合わせとお伺いしましたが?」
客「部下に調べさせて印刷させた。そんな事より早く郵送しろ!」
僕「それでしたらその方にメールのやり取りは代行していただいて」
客「あいつらは仕事が出来ないから俺じゃなきゃだめなんだ」

(・・・)

客「そんなメールができない人を差別するなんてお前のところ、おかしいぞ!早く郵送しろ。全部速達だ!そして送ったら俺に電話しろ!!」

==========================================================






こっちも意地になって断り続けていたら、最後は「二度とお前のところに…」と捨て台詞を言って、切られました。(一度も利用してないのに)

もしこれが、

僕→電話をもらった駅長さん(少し失礼な物言いがありますがわざとです)
客→電車の乗り方を知らないので聞いてきた人(この人の最寄駅は無人駅です)

仮想==========================================================

僕「では、券売機で切符をお買い求め下さい。」
客「俺切符の買い方知らないんだわ

(お前いくつだよ)

僕「券売機にも購入の仕方が書いてありますので。」
客「俺説明書読むのとか嫌いなんだわ。ひとり人間をよこせ。あるいはお前が来い」
僕「こちらのサービスはそういった事は行なっておりませんので。」

客「なんで?」
僕「電車はタクシーより安いので、何から何まで出来ないんです」

客「じゃあ、切符の買い方知らない人は高いけどタクシー使えってこと?」
僕「申しわけございませんが…」
客「そんなの不公平じゃねえか(怒)

(もうどうなってもいいや)

僕「なんで電車に乗ろうと思ったの?」
客「知り合いにタクシーより電車のほうが安いって聞いたんだ。そんな事より早く来い!」
僕「じゃあそいつに聞けよ!」
客「あいつらは馬鹿だから役にたたないんだ」

(多分役にたたないんじゃなくて、あんたが相手にされて無いんじゃない?)

客「そんな切符が買えない人を差別するなんてお前のところ、おかしいぞ!早く駅まで来い。スグにタクシーで来い!そして着いたら先に買っとけ!!」

==========================================================

これはかなり大げさな例をさらに大げさにしていますが。

もちろん、幅広いお客様のニーズに応えるとして、貴重なご意見だとは思いますが、当然企業として利益を出すためには、ある程度のリテラシーがない人をターゲットから外すことも必要なのかな?

反対に、自分がユーザとして、より賢い消費活動をする為に、リテラシーを磨くことも大切だと思います。

でも、世の中不公平ですよね?
切符の買い方を知らない人は永遠に高いタクシー代を払い続けなくちゃいけななんて。

関連記事

「スタートアップは死なないことが一番大事」らしいし、そう思うけど死なないようにするのって結構たいへん

Medium:How To Create Startup(仮) スタートアップは死なないことが一番大

記事を読む

お金がなくて、時給が低いことの楽しさ

こんなサイトをたまたま見つけました。 はじめての自作PCで自宅サーバーをはじめた PCケ

記事を読む

爪楊枝で戦っても、日本刀に勝てる人がいるので。。。

突拍子もない話ですが。。。 僕はいろいろな演芸やショーを見たりするのが好きです。

記事を読む

メチャクチャにヤバイくなくて、普通だった就活生の時の話

【読む前の注意】この記事の中で出ている内容はもちろん数値までも、ボクの主観と肌感覚なのであまり真に受

記事を読む

天才クリエイターさんと飲んで来ました!~人と仕事が集まる~

(‘ jjj ’)じぇじぇじぇ 能年ちゃんのふるさとこと、朝の連ドラロケ地の岩手県久慈市に能年

記事を読む

追い込まれると下ネタを言ってお客さんに引かれる芸人

最近ニュースで殺人を題材にした問題を出した教師が話題になっています。 「ここに18人の子どもが

記事を読む

イチローと荒木雅博(中日)のヒットを打つ確率の差は7%

今、OPSという野球選手を評価する指標が注目されています。 OPSとは?(wiki) OPS

記事を読む

嫌いな人好きな人

仕事してて嫌いな人は、 ・キャリアウーマンキャラ(口だけで何も出来ない人が多い) ・タメ口(

記事を読む

超主観的太田光論

爆笑問題の番組でテレ東の爆笑問題の大変よくできました! という番組があります。 ボクも好きでい

記事を読む

人生はサウナ理論~結婚するあなたへ~

人生はサウナ理論。 というのを、敬愛するさんちゃんの名言「生きてるだけで丸儲け」とともに座右の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 高橋拓郎歳)
    愛知県知多市生まれ。
    大学在学中に個人で始めた事業を、大学院中退後法人化(法人化のために中退が正しいかも)。
    簡単にコンタクトとれるのでt@takuro.infoまで何か御用があればなんなりと。
    ブログの感想やご意見も大歓迎です!
人生はサウナ理論~結婚するあなたへ~

人生はサウナ理論。 というのを、敬愛するさんちゃんの名言「生きて

新紙幣とディープインパクトの単勝馬券

僕は大学生になり、そして20歳になった時に、それまで未成年で禁止されて

e-taxでの確定申告のもにょもにょ(noteからの転載)

この記事は2016年にnoteに投稿した記事の転載です。 ちょう

【感想】Netflixオリジナルドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』 オクレさんもはや本人でしょ??

Netflixオリジナルドラマ『Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜』

【javaScript】2017年版 法人税実効税率 シミュレーション 自動計算機(コードも置いとくね)

今日は4/3だからこれは嘘じゃないよ!! 法人税実効税率

→もっと見る

PAGE TOP ↑