*

数億円かかるものを0億円で作っちゃったすごい人を2人発見!

公開日: : 最終更新日:2013/12/31 ウェブ・ネット・PC(パソコン), 考え方・生き方

予告inというネット上の犯罪予告を事前に発見するサイトがあります。

これは、

予告.inは2ちゃんねる掲示板やブログから犯罪予告と思われるキーワードを定期的に検索し、自動取得してトップページに掲載する。また、ユーザからの投稿フォームによる通報機能も存在する。この通報フォームによって投稿された情報は予告.inのTwitterにも表示される。

wiki引用

サイト自体も素晴らしいのですが、その作成された経緯が実に面白い。

2008年6月8日に発生した秋葉原通り魔事件を受け、増田寛也総務相が6月11日に「来年度予算の概算要求に、ネット上の犯罪予告を検知できるソフトの開発費を盛り込む。費用は数億円かかる」とコメントした事に対し自分ならお金と時間をかけずに開発できるという考えから急遽サイトを構築し、翌6月12日に公開された。


当時のニュースには

矢野さん(予告in作成者)は11日夜、「増田寛也総務相が来年度予算の概算要求に、ネット上の犯行予告を検知できるソフトの開発費を盛り込む。費用は数億円かかる」という内容の報道を見て、「インターネットの仕組みを使えば、0億円で数時間でできる」と考え、実際に1人で2時間で作ったという。





この数億円という試算はどういった計算でなされたのかはわかりません。もし「ネットなんて未知のものだしお金もすごくかかるから大体数億円だろう」という認識で適当に言ったのかもしれません。


あるいは、政府のホームページなんかですら数百万円とかで民間業者に外注して、さらにとんでもなく高いメンテナンス費を払ってあんなチンケなサイトしか出来ないので、そんなネット上の犯罪予告をキャッチするシステムなんてべらぼうに高いだろう、って判断はあながち的外れでは無いと思います。

もしくはチンケなサイトで数百万円貰っている業者が「しめしめ」と思って、「それなら数億円単位の開発費ですね。へっへ」って言ったのかも。

まあ、あくまで政府としてでなく、民間でやっていることなので、いつ閉鎖しても文句は誰も言えないという問題はあれど、こういう動きがあれば無駄なお金が掛からないで済みますよね。

開発費にしてもそうですが、そういったシステムを作ったらさらにそれを管理する天下り団体をつくらなくてはなりません。それがこう言った民間のボランティアで事足りるじゃん全然ってことになればつくらずに済みます。

仮に「公益法人ネット犯罪予告対策機構」なんてのもできなくてよかったよかった。
※加筆:すいません。これについては本当につくらなかったは調べられませんでした。



別に、流れとして

ネットで犯罪予告→コンピュータが発見→警察のネット犯罪対策課(メールで自動送信)

こうすればシンプルだし対応も速そうだけど

ネットで犯罪予告→コンピュータが発見→ネット犯罪予告対策機構→警察のネット犯罪対策課

なんとも無駄な。。。で、「公益法人ネット犯罪予告対策機構」には毎年何人もの総務省官僚が天下りして、週に二日しか来ないのに月給80万円とかもらったりします。

それに仕事はしたくないけど「全く無い」というのは困るので、ネット犯罪予告対策機構から警察のネット犯罪対策課への連絡は電話だったりして仕事を増やしたりします。




で、今伊達直人運動が大流行です。

次々に児童施設などにランドセルや文房具、現金の寄付が集まっております。

もちろん善意の寄付なので、気持ちが大切なのですが、ただ、どうせ寄付をするなら必要なところに必要なものを寄付したいという気持ちが出てきて当然です。

で、有限会社AbiStudio.comの社長阿比留康光さん自身のブログで寄付のマッチングサイト「おねがいタイガー!」というサイトを作ったことを告知してました。

それを僕はTwitterで知りました。



よくこういうのを見て「偽善者」とか「会社の売名行為」とか心ない事をいう人がいますが、そんなことどうでもよくて、これがもっと流行って、大規模なネットワークが出来ればいいなって思います。

その結果アフィリエイトで儲けても全然良いと思いますね。むしろそのサイトにランドセルのネットショップへのリンクとかあるとすごく売れそう。(倫理的にすごく叩かれそうなのでやらないと思いますが)



で、先に書きましたが、もし政府が人気取りでこのようなシステムを作ると一体いくらかかるのでしょうか?数億円でしょうか?また、「公益法人児童施設寄付管理団体」なんて天下り先は出来ないでしょうか?



今までネットがなかった時代にはひとりの力、少数の力で出来なかったことが、今は比較的簡単に出来るようになりました。前のグルーポンの一件で書いたこともこれに近いと思います。

ぜひ、政府がやっている、もしくはやれそうな仕事をじゃんじゃん自分たちでやっちゃえばいいと思います。「会社の売名行為」「自分の売名行為」で全然構わないと思います。予告inを作った古川健介さん(ロケットスタート代表)も結果として予告inを作ったすごい若者がいるぞ的なニュースで僕個人は知りましたし。で、今ロケットスタートがやっているnanapiってすごく楽しいサービスも知りました。



今後は、政府肝入りの就職難を打開する新たなマッチングサイトなんかも出てきたら面白いと思います。

さらにそのサイトの作成者が新卒の時内定が取れずに、プー太郎で暇だったので作ったサイトだったなんて事だったりしたら良いですね。



夢が広がる楽しいお話でした。ちゃんちゃんと。

関連記事

フリーターが戦う2人の相手、いや3人かも ~ライバルの3倍売上をあげないと~ 1/2

僕の大学の知り合いでフリーターの子がいるのですが。。。 彼は、 卒業後大手企業に就職

記事を読む

お金がなくて、時給が低いことの楽しさ

こんなサイトをたまたま見つけました。 はじめての自作PCで自宅サーバーをはじめた PCケ

記事を読む

「スタートアップは死なないことが一番大事」らしいし、そう思うけど死なないようにするのって結構たいへん

Medium:How To Create Startup(仮) スタートアップは死なないことが一番大

記事を読む

Ktai Styleのテスト

Ktai StyleというWordPressのプラグインの動作テストです。 画像も入れてみる。

記事を読む

【WordPress】静的htmlサイトをフルCMS化するときにURLを変えないためのパーマリンク自由自在プラグイン「Custom Permalinks」

静的htmlサイトをCMS化(WordPress化)するメリット 一家にひとつは古い静

記事を読む

【WordPress】Contact Form 7で送信できないからWP-Mail-SMTPで対策!でもgoogle appsのsmtpの設定がわからない人のためだけの記事

タイトル長い。うざい。 って思っても、この記事にたどり着いたってことは似たような悩みをお抱えな

記事を読む

【jQuery】Chart.jsを使って簡単にカッコイイレーダーチャートを実装するの巻

友達の結婚式のプロフィールムービーが終わって一息ついていた頃。。。 いつもお世話になっている弁

記事を読む

BUFFALO(バッファロー)製のNAS「LS410D0201」の純正バックアップ機能だと履歴管理バックアップが出来ないから、ネットブックにAcronis製「True Image」をインストして自前バックアップシステムを作ったなう

タイトル長すぎてうざくて死んで欲しいと思いますが。。。 ネットブックをN君から貰った話の続きと

記事を読む

【PHP,WordPress,Contactform7】ユーザーエージェント(UA)から「デバイス(PC,スマホ,タブレット)」「OS」「ブラウザ」を取得する→これをContactform7に実装

ユーザーエージェント(UA)から「デバイス(PC,スマホ,タブレット)」「OS」「ブラウザ」

記事を読む

名古屋の人は無性に人に会いたがる。

日本全国のバカにスポットを絞ります! 【東京】 ◆出来るやつ気取りのバカ このビジネスモデ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 高橋拓郎(32歳)
    愛知県知多市生まれ。
    大学在学中に個人で始めた事業を、大学院中退後法人化(法人化のために中退が正しいかも)。
    簡単にコンタクトとれるのでt@takuro.infoまで何か御用があればなんなりと。
    ブログの感想やご意見も大歓迎です!
【javaScript】2017年版 法人税実効税率 自動計算機(コードも置いとくね)

今日は4/3だからこれは嘘じゃないよ!! 法人税実効税率

【ユーザー車検】軽トラを無料でGETしたけど車検代が無いから初の軽自動車ユーザー車検に挑戦!

青春カーと悲しい別れ どうも。貧乏が板に付いてきて久しい僕で

【LINEbot】LINEbotが作れるからphpで作ってみたの巻 ~さくらの共有SSLでも動くよ~

BOT API Trial Accountってのが、公開されたので、L

【電気自動車】日産リーフの無料モニターに当選して2週間使ってみたけれども。。。結論的に購入は時期尚早??

どうも。実写版とってもラッキーマンこと僕です! とっても!ラッキ

追尾メニューのAdSense削除の件

このサイトへのお問い合わせで、以下のような内容のご指摘を頂きました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑