*

先生「そんなんじゃ社会に出てやっていけないぞ」 生徒「先生社会出たこと無いじゃん」

公開日: : 最終更新日:2013/12/31 ネタ, 考え方・生き方

知り合いで学校の教員をしている方がいてその人とお話をする機会があったのですが。。。




教員採用試験の面接の際に、今までは校長さんや教育委員会などの教育関係者の人間が対応してきていました。

しかし、昨今の学校の問題なども踏まえ、閉鎖的になりがちなことから、いわゆる外部の人間の意見もということで、PTAの役員などを入れようという動きがあるそうです。




彼はそれについて断固反対ということでした。

「教育のキの字も知らない人間ではだめ」
「現場のことを何も知らない部外者では判断できない」
「選んだ後の責任が取れない」
「VUITTONのバック持った茶髪のお母さんが笑」

まあ、最後はギャグにしても、僕は悪い意味で別にどっちでもいいんじゃない?って思います。

てか、この方法論では良くも悪くもならないよねと。



結局判断する側がどうであれ、判断される側は、大きく変わらないでしょう?

大学を出て、教員免許を取得していて、恐らく真面目な学生さんでしょう。



まだ、世間の何色にも染まっていない人を、基本誰が見ても(教育者が見ても、PTAが見ても)大きく評価が割れることって少ないと思う。

それに、ペーパー試験の比重がある程度大きいんだったら、面接なんてお飾りじゃないの?とも思う。



むしろ、「教育現場は閉鎖的だ!!」の批判に対してのポーズっていう気がしてしまいます。




昔から学校の現場について、

◆閉鎖的だから隠蔽体質が生まれる
◆先生は世間を知らない
◆社会を知らない人が世間のことを教えられない
◆つまり競争原理が身につかない
◆どんなに能力が劣っても首にならない
◆民間では考えられない

というような具合に批判は多くありました。

で、これは主に教育現場以外からの意見です。

民間の感覚を教育に入れなきゃだめ。という話です。




しかし、その一方教育現場からは

◆子供のころから競争原理はどうか?
◆聖職として誇りを持って教育をしなければならない
◆教育の専門家でないとだめ
◆外部の人間では先生どうしの連携がとれない

等々、ようは教育というのは、人間を育てること。すなわちとても尊いものである。

なんでもかんでも民間の理論が通じるわけではないという事です。




で、コレ系どっちも正しいです。

最近の風潮では公務員叩き、政治家叩き、教育委員会叩きも相まって、

公的機関は糞

民間では考えられない



というような、官は悪、民は善という風潮が強い分、やはり民間のほうが優れているという論調が多いように思います。



確かに公務員の公務員が故の、一般常識からかけ離れたとんでもな行動に遭遇する機会は少なくありません。

ただし、学校の先生なんかはやっぱり、難しい採用試験をパスしただけあって、優秀な人もすごく多いと思います。

また、教育という事について言えば、やはり民間の論理だけでは通じないことももちろん多くあると思います。




だから、コレ系の議論は常に堂々巡りです。

だって、どっちの言っていることも一理ある。



で、お互い「自分の良い所と相手の悪いところ」を言い合うだけなので、腹も立ってくるし冷静に話し合う前に、喧嘩になっちゃいます。





これについて、もうこんなことは無駄だから早くやめた方が良いよ。ということです。





それで僕なりの超適当な解決策ですが。。。

官と民を半分くらいずつにすれば?


って感じです。




最初に「判断する側がどうであれ、判断される側は、大きく変わらない」って言いましたが、判断される側も大きく変えちゃえってところです。

つまり、新卒採用と中途採用を半々くらいにしちゃいましょうということです。




今までの様に大学を出てすぐに教員になる人と、社会人経験がある人の枠を同じくらいにしてみては?って事です。




子供のうちは知らなかったのですが、教員免許”だけ”持ってる人って、結構多いんですよね。

僕の友だちにも何人かいます。

大学の時に教員免許を取っていても、先生にはならずに、民間企業に行く人です。




で、そういう民間での経験がある人で、且つ先生になる免許もある人。

そういう人が会社を辞めて、教員になれる間口をもっと広げたらどうだろうという話です。

※今でも若干いますが余りメジャーな道では無いです。




少し前に、



先生とは。。。

学校出て、社会に一回も出たこと無い世間知らずばかり

そんなやつらが子供に「社会とは?」なんて言うのは滑稽

↓↓↓↓↓

教員になるためには、必ず民間での経験がある人でないとダメにしよう




という論がよく言われてましたが、暴論とは言え、納得出来る部分が多いです。




しかし、これを言い出すとやはり堂々めぐりです。




僕がお世話になった先生は、ほぼ全ての人がすごく尊敬出来ます。

全員が民間経験があったわけではないと思います。恐らく。

でも、本当に大人になってから先生の教えが頭で蘇ることが多いです。

決して世間知らずだったとは思いません。民間にいる僕なんかよりよっぽど常識人です。



逆に、教員生活何十年という先生も多くいましたが、そういったバックグラウンドがあるが故に出てくる重い言葉だったりが今でも印象に残っています。




で、結局話戻りますが「新卒採用と中途採用を半々くらいにしちゃいましょう」っていうのは、多様性が一番重要でしょ?ということです。

画一的な価値観だけじゃなくいろんな考え方を持った人、いろんな経歴の人に小さいうちから触れておくことが本当に重要だと思います。





官も民も関係なく、いろいろな人が先生になることが唯一の方法だと思います。




地域の人や講演ゲストなどを学校に呼んで話を聞いたり、職業体験などの授業はそういったことの一貫です。

ただ、やはり真の意味でいろいろな価値観に触れるには中に入らないとダメだと思います。





で、民を入れる上で注意が必要な教員の資質という意味で

◆勉強を教えられる
◆熱意・ヤル気

は、いると思うのですが、これに関しては、

◆勉強を教えられる
→教員免許を取得していることが最低条件

というので担保するのは今と同じ方式です。

また、採用試験のペーパーもあるし。


熱意・ヤル気に関しても、結局今と変わらないでしょ?





◆小さな頃から先生になるのが夢で、頑張って勉強して教員になる人。
◆会社勤めを辞めてまで、教員になりたい人。

どちらの熱意が劣っているなんてことはないと思う。




反対に、

◆進路の一つとして教員になっちゃう人
◆会社は大変だから安定してる公務員に転職する人

これどっちも同じようなもんでしょ?




ということで、最近は民間出身の校長先生も出てきてるわけだし、どんどん民間出身の教員も増やせるようにしていけばいいんでないの?

って結論です。はい。











関連記事

元AKB48前田敦子出馬表明~新聞記事より~

こんな記事がありましたので、紹介します。 は~。今日から年度も変わったのでがんばろ。

記事を読む

爪楊枝で戦っても、日本刀に勝てる人がいるので。。。

突拍子もない話ですが。。。 僕はいろいろな演芸やショーを見たりするのが好きです。

記事を読む

学校の先生に言われた嘘の数々【注意】真面目に読むと損する記事

学校の先生はよく嘘ばかり言われるので、それを天気の良い日曜日の午後に徒然なるままにシタタメルなり。

記事を読む

ニートになるために準備を進めなければ。。。

金持ち父さん貧乏父さんのロバートキヨサキ氏の会社が破産したらしいです。はい。 「父さん倒産」っ

記事を読む

世界で一番おいしいハンバーグはびっくりドンキー

「あそこの店のパスタ超おいしい」「隠れた名店」とか言いますが、反吐が出る。 僕は常にチェーン店

記事を読む

切符を買えなくても許されるダウンタウンはまちゃん

先日のお客さんとの電話での会話です。 ◆前提 ホームページでしか紹介していな

記事を読む

TBS『ビートたけしの親切な人が5千万円貸してくれないかTV』を見て ~新年のご挨拶~【追記2014.12.29】

間抜けの構造 (新潮新書)posted with amazlet at 14.01.02ビートたけし

記事を読む

上戸彩を超える女性に出会った話(ホスピタリティのプロ)

この間、千葉に3連休出張で行くことがありました。 その時2泊連泊するホテルを探していたら「エコ

記事を読む

仕事がないなら、大麻の密輸でもしたほうがいいのかも?

ちょっと最近疑問に思うことがひとつあります。 大学生の就職率が68.8%だそうです。

記事を読む

注文住宅(マイホーム)建築予定地の古いカーポート壊したよ ~手に職をつけて王様になる~

注文住宅の建築の記事を何度か書いてきました。 注文住宅(マイホーム)購入ならスーモカウンターが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 高橋拓郎(33歳)
    愛知県知多市生まれ。
    大学在学中に個人で始めた事業を、大学院中退後法人化(法人化のために中退が正しいかも)。
    簡単にコンタクトとれるのでt@takuro.infoまで何か御用があればなんなりと。
    ブログの感想やご意見も大歓迎です!
PAGE TOP ↑